Get the Lookまずは作る工程について知ろうそして自由なデザインを

さんこうサイト2

自分だけのTシャツ作成をしよう

昨今では、ネットで簡単に自分だけのTシャツ作成を行うことができます。ネットで注文するのに必要なのは、シャツの素材と色を選択すること、デザインを作るか選択して依頼すること、という簡単にできるところが増えています。自分でデザインするのが難しいと感じるのであれば、専属のデザイナーがいるネットショップを利用すると手軽です。

プリント方法も複数で、素朴でシンプルなデザインなら、シルクプリントや転写、カラフルで柄も多いのであればインクジェットやデジタルプリントなどと選択ができるので、こだわって自分のTシャツ作成を行えます。

Tシャツ作成したいあなた

チームのユニフォームを作りたいとき、手作りするのもいいですが、ネットから簡単に注文可能なオリジナルTシャツを活用するのがおすすめです。ユニフォームや練習着としてはもちろん、さまざまなシーンで使うことができます。

子供の成長記録や家族の思い出として集合写真をプリントしたり、誕生日のサプライズとして主役の顔やイラストをデザインしたり、ペットの写真を印刷してドッグランでペットへの愛情をアピールするなど、自由な発想で楽しむことが可能です。インターネットで検索してみると、色んな会社がTシャツ作成を請け負っていて、スマホからでも手軽に注文できます。

Tシャツ作成を利用して思い出を作ろう

会社のイベントやフェスなどで目にすることも増えたオリジナルTシャツですが、これは意外と簡単に作ることができ、発想次第でさまざまな使い方ができます。例えば、飲み会や結婚式の二次会で主役の顔をプリントしてみたり、学生なら部活やサークルの統一ユニフォームとしてオリジナルTシャツ作成すれば、印象に残る思い出となるでしょう。

デザイン性が高いおしゃれなものを作るのも良いですが、わざと絵が苦手な人にキャラクターを描いてもらうのも、味があって面白いものが作れます。各サイトから簡単に作れてすぐに届くので、記念としてTシャツ作成をしてみてはいかがでしょうか。

タイダイ染めなTシャツ作成

タイダイ染めは縛って染めるという意味を持っていて、縛り方を変えることで様々な模様を描くことができます。マーブル模様やまだら模様、じゃばら模様、豆縛り模様、幾何学模様、イラスト模様などです。

模様の種類によって、縛り方が変わり難易度も変わってきますが、自宅でもタイダイ染めでTシャツ作成はできるのです。用意するものは、白のコットン100%のTシャツとベストコールドという染料、ドレッシングボトル、塩、バケツ、輪ゴム、ゴム手袋、網状のものです。染料のキッドなども売っています。タイダイ染めは、作り手の個性がよくでます。簡単に手に入る材料なので、タイダイ染めで世界にひとつのTシャツ作成をしてみましょう。

Tシャツ作成を外部に委託

イベントごとなどでTシャツを作成することがあると思いますが、たいていの場合はインターネットでまとめて作成してもらうことができます。Tシャツ作成を行っている業者はまとめて発注することで割引をしてくれますし、一度に大量印刷も可能なので気軽に依頼が可能です。

文化祭のクラスTシャツや思い出作りのためにオリジナルのものを頼む場合は、元のデザインを一緒に提供する必要があります。また、インターネットを利用しなくてもTシャツ作成を行っているお店があるので、少人数の場合など使い分けを検討することも大事になってくるでしょう。

Tシャツ作成について

メニュー

TOP Tシャツ オリジナルtシャツ 写真をオリジナルTシャツにプリント tシャツ作成 自分だけのTシャツ作成をしよう

イベントの記念品としてオリジナルでTシャツを作成したいならこのサイトをチェック。オリジナルTシャツ作成の情報を集めてください。

オリジナルTシャツ作成の情報以外のお問い合わせはこちら