Get the Lookまずは作る工程について知ろうそして自由なデザインを

完成までの流れ

自分でtシャツのデザインを考え入稿する

自分でtシャツにいれたいデザインを考えて入稿する作業に関してですが、最初に考えておくべき事があります。tシャツのどの部分にデザインをプリントするのかという事を考えておく必要があります。

袖の部分やバックプリントとしてプリントする事もできます。また、元となるtシャツのタイプを決定する必要もあります。

たくさんの人が着るtシャツは男女共に着られるタイプでないといけない場合などは注意して選びましょう。

tシャツの完成に向けて

できたtシャツデザインは入稿するのですが、その際にはデータの形式が適切なのかという事を確認しておく必要があります。

ワードやエクセルはデザインに関しては不向きであり、専用のソフトを利用して作成しないといけない事もあります。写真をそのままプリントする場合には解像度にも注意する必要がありますし、ユニークなフォントを使用する場合には、アウトライン化しておかないといけないものもあるようです。

生地をサンプルで確認したいオリジナルTシャツ作成

実際にどの様な生地を使ってオリジナルTシャツ作成が行われるのかという事については、写真などでアイテムが紹介されている事もありますが、実際に手に取ってみたいという事もあるでしょう。

オリジナルTシャツ作成の際に、生地のサンプルを請求する事ができ、実際に手に取って確かめてから、オリジナルTシャツ作成に取り掛かる事ができる場合もあります。オリジナルTシャツ作成で失敗したくないという人や、ぜひ一度で成功させたいという場合にはサンプルを利用するといいでしょう。オリジナルTシャツ作成では、同じデザインであったとしても、使用する生地によって、使い心地や雰囲気などが異なります。

生地を選びたいオリジナルTシャツ作成

デザインを考える作業だけでなく、オリジナルTシャツ作成においては生地を選ぶという作業も大事になります。オリジナルTシャツ作成では、自分の好みによって生地を選べる事もありますが、使用する目的によって選ぶ事もできます。

オリジナルTシャツ作成は、スポーツをする目的で利用される事もありますが、その場合には、繰り返しの洗濯にも強い素材がおすすめです。また、オリジナルTシャツ作成の際には、汗をかいても乾きやすい素材であれば、扱いやすく感じられる事でしょう。オリジナルTシャツ作成をして、イベントなどに活用するのであれば、あまり生地にはこだわる必要がないという事もあります。

工場で行われるオリジナルTシャツ作成

実は、オリジナルTシャツ作成に関する注文を受けたお店は、お店の中でオリジナルTシャツ作成の作業が行われているという分けではなくて、専用の工場で行われている場合が多い様です。

オリジナルTシャツ作成のプリントは、すべて機械で行われているのではなくて、職人の手によって丁寧に作られている事もあります。オリジナルTシャツ作成を行うお店の中には自社工場があり、幅広いニーズに対応している事もあります。オリジナルTシャツ作成のサービスを利用すると、まるでアパレルショップで商品を購入したかの様に、ハイレベルに仕上げる事ができます。作品のクオリティは職人により支えられています。

やり直しができないオリジナルTシャツ作成

一旦プリントしてしまうと、オリジナルTシャツ作成はやり直す事ができなくなります。オリジナルTシャツ作成では、入稿を行うまでが勝負となります。オリジナルTシャツ作成を行う際に、まだ悩んでいる部分があれば、これで大丈夫と思えるまでしっかりと考える事が大事です。

後になって後悔する事がない様にするためにも、オリジナルTシャツ作成を行う時には、何度も見直しをして、問題ないか確かめる作業を行う事が重要です。オリジナルTシャツ作成では、思いがけない所で、スペルミスやデザインのズレなどが発生する可能性もあります。また、見直しをする事が作品の完成度を高める事にもなるでしょう。

関連

ルールに沿ったデータを作成しましょう。

メニュー

TOP Tシャツ オリジナルtシャツ 写真をオリジナルTシャツにプリント tシャツ作成 自分だけのTシャツ作成をしよう

イベントの記念品としてオリジナルでTシャツを作成したいならこのサイトをチェック。オリジナルTシャツ作成の情報を集めてください。

オリジナルTシャツ作成の情報以外のお問い合わせはこちら